人狩りの王:更新

「……いずな。
『風で動く車』って、この手乗りおもちゃのこと?」
「おもちゃとは心外だな。今は試作品だが、いずれ人が乗れる大きさに――」
「ぽい」
「ひどい!?
 むう、次は火薬で動く車……いや、油を燃やした火で動く車を作るべきか?」
「仕事しなさいよ。
 火で動く車なんて、そんなの尚更走るわけないでしょ……」

・ランダムトーク追加
・多数のトークでサーフィス指定がおかしくなっていた不具合の修正(暫定)
・一部トークの文面の修正
・narアーカイブ更新

今回の更新について軽く説明

追記:ヴィイについては、一時的に「ネットワーク更新をかけると一部のトークなどのデータが消えてしまう」という状態でした。
 ただその場合でもセーブデータが破壊されるようなことはなかったはずです。ネットワーク更新を再度かければ、最新の状態に復帰できます。
 該当の方にはお手数をおかけして申し訳ありません。この件についてはもう少し調査を行い、万が一更なる不具合が見つかればご報告するつもりです。

人狩りの王:
 かねてより懸案だったイベントの更新です。
 ストーリー的には「続く」という具合になっていますが、次回更新の予定は未定です。

ヴィイ:
 リクエスト対応です。
 ヴィイについてはまだやっていないことが多いので、特に追加シェル対応についてはできるだけ早く行いたいです。

のよすが:
 コメントでいただいた「イベントのうちひとつをタイムアウトで見逃した」というご報告への対応が主です。
 回想モードについては、時期を見てもっといろんなイベントを回想できるようにしたいと思っています。

のよすが:更新

「ねえ、わたし、あなたにもらってばかりだね。
 なにか、わたしにあげられるものって、あるのかな」

・ランダムトーク追加
・イベント中の選択肢をタイムアウトしないように(一部のみ暫定)
・回想モード追加(暫定・現在回想可能なのはイベントのうちひとつのみ)
・satori.dllおよびssu.dll更新
・narアーカイブ更新

人体視願/ヴィイ:更新

(ネットワーク更新の最中、一時的に間違ったデータをアップロードしておりました。
 お手数ですが、4/21の1:32までにネットワーク更新をされた方については再度の更新をお願いいたします。
 ご迷惑をおかけして申し訳ありません。もし更新後も不具合が見つかるようなら、ご報告いただければ幸いです)

「たまには大げさなことを言うね。
 おかえりなさい、私のお星様」

・コミュニケート反応単語「いってきます」追加、「ただいま」のトーク増加
・別モードのコミュニケート反応単語「ただいま」追加
・コミュニケートにて何回も「ただいま」と言っても反応が変わらない不具合の修正(暫定)
・日記に使用される文面の追加
・ランダムトーク追加
・narアーカイブ更新

人狩りの王/更新

「だが男らしく、勝ち負けでものを言うなら……
 ああ。巫女の勝ちで、僕の負けだよ。
 ちくしょーめ」

・イベント『追想――臆病な猫の女の子』追加
・ランダムトーク追加
・narアーカイブ更新

ヴィイの追加シェルの紹介と今後の予定

 かげなし様にヴィイの追加シェルを作成していただきました。
 『ルサルカもしくはヴェリ・シェレン』というシェルです。この場を借りてお礼を申し上げます。

 ヴィイとウタゲにしっぽが生えるシェルです。しかししっぽと言っても、獣のしっぽではありません。
 ひらひらで、ふわりとしていて、そして幻想的な、とても可愛いシェルです。
 ヴィイを立たせている方は、ぜひぜひリンク先を一度見てみてください。


 そしてこのシェル独自の触り反応などの作成をしたいところなのですが、今はまだそれもできていない状態です。

・人狩りの王のイベント作成
・ヴィイのリクエスト対応(コミュニケート「いってきます」(挨拶)の追加と日記内容の充実)
・のよすがでイベントがタイムアウトして後から見返すことも出来なくなる不具合の修正
・『ルサルカもしくはヴェリ・シェレン』のシェル対応
・ヴィイの放置判定の改善(四六時中ヴィイを触っていなくても拗ねたりしないように)
・ヴィイのユーザ誕生日イベント

 今の作業予定一覧は確かこうだったかと思います。(もし抜けがありましたら申し訳ありません。指摘していただけると助かります)
 優先度としては一覧の上から順に作業を進める予定、つまり今はまだ人狩りの王のイベントに取り組んでいるところなのですが、もうあまりにもこれに時間がかかりすぎている状態です。
 前に人狩りの王について「ふたつのイベントを追加予定だが、性別によって見られるイベントが分岐する。ユーザが男性ならうたとのイベント、女性ならいずなとのイベント」と書きましたが、今回はいずなとのイベントのみの追加に絞ることにしました。
 うたとのイベントの方はプロット的にあまり面白くならなさそうだった、というのもありますが、もしこちらを楽しみにされていた方がいましたら申し訳ありません。
 今は何より、自分にできる限り少しでも早く作業を進めたいという一心でいます。