ラストエピソード・真予告編

『考えてみようか。
 別れの言葉を』


 ――“夢”を選んだヴィイの本当の冒険は、ハルモニアへと渡った後に始まる。
 彼女を襲うものは、死を越えた危険。
 自分にとって何よりも大切なものを、永久に奪われる痛みだった。


「……やっと、言えた。
 唐突かな。
 それとも、今更かな?」


“心”のヴィイは、その危険を選ばない。
 彼女は現実の冒険を選ばず、壮大な物語を自分の中で終わらせる。
 何よりもある一言を述べることを選んで。


『人間の皮を被ったミミズの群れ』
『乳と尻が無限に膨れる豚』
『大切だから食べさせてよ』


 それは、物語。
 一人分の死と、世界と同量の狂気の物語。
 魔女『バーバ・ヤガ』が、世界の全てを司る。


「――うん。
 この言葉が私とあなたを、ずっとつないでくれればいいね」


 それはきっと、物語ではない何か。
 触れることと、語り合うことで作られる、ただの女の子といっしょの時間。


『――やだ。
 こんなところで、終わりたくない。
 わたしは――
 ――終わりたいんじゃない。
 はじめたいんだ』


“夢”を始めたいと、ヴィイは願う。
 たとえ自分がどうなるとしても。
 バベルの旅を続ける果てには、今までに見たこともない世界があると信じて。


「今でも私は、あなたのことを理解できた訳じゃない。
 それでも、確かなものはある」


“心”を始めたいと、ヴィイは願う。
 自分に素直に言葉を紡ぐという、ささやかな心情の冒険を志して。


「あのね。
 私――――」


 泥と砂利の道を越え、ようやく楽園に辿り着く。
 ただ目を開ければそれでいい。


(人体視願/ヴィイ メインストーリー 2011年8月完結予定)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)