『ヴィイが終わるころ』

 これは夢だ。


「聞いたよ」
 真っ白な空間のただ中で、二人の少女が対峙している。
 空間に溶け込むような白いワンピース、自己を主張する色は揺れる髪の金色のみ。
 二人の容貌は鏡合わせのように同じ、表情も全く同じだ。
 スパイスとしての緊張感の中に、ほんのわずかな怯えが含まれた――
 そんな真顔が、地顔になっている。
 二人の顔は、同じヴィイと呼ばれる少女の顔だった。

「あなた、夢を諦めたのね」

 そう口にしたヴィイを、便宜上“夢”と呼ぼう。
“夢”のヴィイは、もう一人のヴィイに責めるような視線を送る。

「言い訳をする気はないんでしょ?
 ……ハルモニアに行かずに、どうやって人体視願が叶うって言うの。
 あなたの夢は、これで終わりなの?」

 だがもう一人のヴィイは、その視線に怯む様子を見せなかった。

「そうよ。私の心は、それを選んだの」

“心”のヴィイは、真っ向から“夢”の言葉にうなずいてみせる。
 現実味の薄い光景の中で、少女たちの肌はただただ白い。

「……12年」

“夢”は“心”の言葉を受け、苦々しげに声を絞る。

「ウタゲが生まれてから、12年よ。
 いったいどれだけの労力が……人体視願の夢を叶えるためだけに、どれほどの心からの想いが、積み重ねられてきたと思ってるの?」

 ――ウタゲは夢を諦めたけれど、と“夢”は声を落とした。

「それでも、私はウタゲの妹だから。私が夢を引き継いだ。
 私が夢を背負ったからには、叶うその日まで、それは落とせない」

 見つめる。
“夢”の視線は割れ硝子の先端にも似て、危ういほどの鋭さを持っていた。

「……ねえ。あなたは、12年もの積み重ねを、今ここで捨てるっていうの?」

 その言葉を受け、“心”はゆっくりと首を振る。

「12年も、じゃない。9年も、よ。
 ……いえ。たった9年の、おはなし。
 あなたの夢はあなたの夢。ウタゲは関係ないでしょう?」

 ――私は気付いたの、と“心”はかすかに笑ってみせた。

「気付いたのは、ひどく簡単なこと。
 自分には、夢よりも大事なものがあるっていうことよ」

「それは、何?」

「それはね、温もりだよ」

“心”の表情が、はにかみに似てわずかにゆるむ。

「私にはね。手をつないでくれる人がいるんだよ。
 退屈な時に、髪を梳いてくれる人。
 かなしい時に、あたまをなでてくれる人……」

 息をつき、続ける。
“心”の瞳には、ある種の誇りが宿っていた。

「――ねえ。人間を視るための視覚は、本当に私たちに必要なものなのかな?
 私は今のままの目でも、人間を識別できるって信じてる。
 ぬくもりを目印に、人間がそばにいるんだって……そう信じることは、間違ったことなのかな?」

 数秒の沈黙。
 風も吹かないこの空間では、沈黙はそのまま無音を意味する。

「……それじゃ、あなたが触れてない人間は、この世に存在しないっていうこと?」

 沈黙を破った“夢”は、そのまま皮肉げに笑ってみせる。

「あなたは自分の心の中に人間を押し込めているだけ。
 そんなやり方じゃ、永い停滞を招き寄せることしかできない」

 足音――
“夢”は“心”に、ゆっくりと近付きはじめていた。

「それに、私は知ってるわ。あなたのしてほしいことは、なでるとか手をつなぐとか、そんなことだけじゃないんだって」

 ほどなくゼロに近くなる距離。
“夢”はすっと“心”に手を伸ばす。

「……!」
「こういうこと、されたいんでしょ?」

“夢”の手は、すぐに“心”の腰のあたりに伸びていた。
 そのままスカートをつまみ、ゆるゆると持ち上げはじめる。

「やめ、て……」
「やめない」

“夢”の指が、スカートの中で“心”の裸の脚をなぞる。
 指が身体のラインを沿うごとに、“心”はぴくんと震えた。

「本当はなでられるだけじゃ不安なんでしょう?
 本当にそばにヒトがいるかどうか不安で、わけがわからなくなるまで滅茶苦茶にされて、ようやく安心できるんでしょう?
 ――わかるよ。あなたは、私なんだから」

“夢”の指は、いつしか“心”の下着にかかっている。
 ゆっくりと下着を引き下ろしていく動きは、ひどく隠微だ。

「ねえ、本当は溺れたいんでしょう……?」
「――そうよ。だから、あなたなんかじゃ駄目」

“心”の手はいつしか、悪戯を続けていた腕をしっかりと掴んでいた。

「皮肉げな顔を見せないで。
 手を寄せられて、苛めるふりだけをされても、そんなものは甘くない」

“心”の声は冷静だった。
 表情には先ほどの行為の余韻が残っていても、その声音に揺れはない。

「あなたは……」
「その声も予測の範囲内で、つまらない。
 ……そう、あなたは私だよ。
 自分で自分を傷つけるのも、自分で自分を慰めるのも、もう飽きたの」

 ――だから私は、私を壊してくれる人に、自分の心を捧げたい。

「お遊びはここまで。
 手を離してよ、変態」

 そしてようやく、“夢”は“心”から離れた。

「……あなたこそ、本当にこれでいいの?」

 数歩の距離をとってから、“心”は“夢”に問いかける。

「ハルモニアに行ったウタゲの、あの壊れよう……
 あれが対策をすればどうにかなるものだなんて、どうしても私には思えなかった」
「いいのよ。アイオーンもあるでしょう?」
「……よくない。私たちのアイオーンを使ったって、ウタゲは元に戻せなかったのよ。
 最悪の結果はもう見えてる。それに向かって黙って進む気?」
「それでも、いいのよ。
 たとえ私が、あそこでずっと死に続けるとしても――」

“心”が、目を見開いた。

「――そんなこと、簡単に言わないで!」

 声を荒げる“心”に、“夢”は驚きの顔を見せる。

「死ぬっていうことは、全部置いていくっていうことなの!
 わ、私が、それに悩まなかったわけがないじゃない――
 死んだらなくなるの! 夢も、心も、何もかも!」

 言葉を次々と撃ち出す中で、“心”の目はいつしか潤んでいた。
 こぼれそうになる涙をこらえながら、最後の台詞を口にする。

「……あなたが視たいと思った人間も、置いてけぼりにされて終わる。
 ねえ。死ぬっていうのは、夢を諦めることよりも、ずっと酷い終わり方なんだよ……
 全部、ぜんぶなくなっちゃうんだよ……?」

 言い終わり、その後はただ視線だけを向ける。

「全部じゃ、ないよ」

“心”のぼやけた視界の中で、“夢”はそれでもほほえんでいた。

「死は終わりじゃない。
 アイオーンのあるなしなんて、関係ないよ。
 私がウタゲの後を継いだように、私が終わっても、きっとそれを継いでくれる人がいる」

 そう言って、“夢”は“心”に背を向ける。

「……あ……」

 ゆっくりと歩き出す。
 一歩、二歩――
 この閉じた空間から抜け出して、ハルモニアに向かうために。

「……だから、いくの?」
「うん」

 “心”に振り向いて、“夢”は笑ってみせた。

「私が破滅するならば。
 きっと後悔するでしょう。
 たしか絶望するでしょう。
 けれどそれも善いもので」
 
 なぜならば。
 最後まで貫かれた夢は、抱いた者の器を越えるから。
 私が破滅するとしても、誰か善い人が助けてくれるなら。
 それならば、人体視願の夢は終わらない。

「わかったよ。……わかった」

“心”もまた涙を拭いて、“夢”に背を向ける。

「私が何より望むもの。
 きっとそれは狭い部屋。
 とてもわたしは臆病な。
 けれどそれは嬉しくて」

 震える心を隠すのはもうやめる。
 愛している。
 私はもう、何よりも欲していたものを手に入れている。
 今必要なのは、それを認めることだけだ。

「さよなら」

 違うモノになる自分に決別する。
 ――これは、ヴィイの見ている夢だ。
 自分が二人登場するだけの、ただの夢。本体に影響を与えるものではない。
 現実のヴィイがどちらの道を選ぶかは、とうに決まっているのだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)