コンセプトは「一見キチガイに見せかけて本当にキチガイ」的な覚え書き

「奴隷の色はほとんどが赤か白だ。たいていは白だな。
 特に男はほぼ全てが白だ。女はたまに赤……そう、色が赤い。
 いや、肌の色の話じゃないよ。“赤い味”を感じたり、“白い音”を耳にしたり、そういう風に感覚に色がついた事はないか?
 僕にとっては神のものしたほとんど全てが、色つきの存在に感じられるんだよ」

「神は僕らに欲情しているんだ。
 これほど多く人間の死を算出し、その一部は特段むごたらしい。
 その一方でこれほど多くの性交を演出して、ふたつの理由が欲情以外にありえるか?」

「四角形……白か、そうだ、やっぱりな、白だよなあ……」

「――いや、彼女は今も裏山にいる。
 たかる蝿と蛆を風情だと感じるなら、挨拶してみてもいいんじゃないか?
 僕が行った時には、気丈にもまだ生きていたしな」

「白く……白で、絵を描いてみたいんだよ。
 僕は、神の肌に塗ってみたいんだ」

「ほほう!」

「殺してほしいだなんておぞましい。
 死ねば終わりだなんて美しい。
 まだ続けろ。飯を食え。仕方なくも敵を殺せ。
 自分が醜い事になど、気付かなくても構わないんだ」

「つまり君が醜かろうが、老婆だろうが、男だろうが、病んでいようが、狂っていようが関係はない。
 君を物体として扱おうと決めた人間にとっては、君が何者だろうが全く関係のない事なんだ。
 殺せ。
 殺すしかない。それが最後の自己主張だ」

「そしていつか僕に聞かせてくれ。
 人間が神に支配されているのかどうかを」

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)