諦めって重要だよね?

 あるいは諦めるにも技術がいる、というか。
 
 と言うわけで、身の丈以上のものを書こうという欲望をようやく捨てて書きますよいつかまた
 将来的には何かしらのライターとして(小説家として、とはこの現状では言えない)過酷な文章量に立ち向かう事になるだろうしなー、理想通りのものをなんとかひりだそうとするより実力通りのものを高速で尋問したい。

公開してからもう三ヶ月経ったわけで

 アラタさんがヴィイについて色々と言及されていたみたいです。ありがとうございました。
 で、このタイミングでうちのSSというとやはり人体視願カテゴリのなんでしょうが、アレが良かった……んでしょうか?
 いや本当にダメならそもそも公開しないんですが、それでもあんまり自信はなかったというかなんというか。
 正直なところ何らかの言及をいただけたのは意外でしたが、けれどとても励みになりました。
 
 あとゴーストの方のヴィイについてですが、今のところはうまく自分のやりたいことができている手ごたえがあります。
(このような言及がなければ、その手ごたえを錯覚ではないと実感する手段もない訳ですが)
 しかし最初は上手くいっていたものを広げることに失敗してグダグダにするのは俺の得意技! 言ってて死にたくなってきました。
 とにかくSSの方も含めてやりたい事は山ほどあります。もうしばらくお付き合い願えれば幸いです。
 
>…ところであの巨乳はいまだに慣れない。でか過ぎだぞオイ。
 あれはユーザに常に新鮮な感覚を与える良フリーシェルです。たぶん。
 そしてあのヴィイを触っての反応が全然えろくないというのは反則かもしれない。

現実逃避がてらに更新をしてはいけません

・切り替え反応追加(かたつむ流)
・留守番システム実装
・バグ修正
・不要ファイルのパージ
プロフィールにヒントの追加

 留守番システムについては、雪穂のそれをパク……いや、パクってません、パクってないですヨ!?
 実際に基盤としていたのは、ヴィイ起動時にPC自体を一定時間放置すると移行するはずのモードだったのですが、そっちの動作があんまりにも不安定だったのでメインはこっちになるかもしれません。
 seedの導入を機にそっちもだいぶ整備したんですが。

ロックンロールはツンデレ。

 初見のインパクトを狙った小説の書き出しをひとつ思いつきました。


『今日十歳になった俺の娘の名は、ロックンロールと言う。
 職業は神だ』


 書き出しだけ思いつけばイメージが二行で止まっても良いってもんじゃないと思いました。
 こういうのを集めてファック文芸部に道場破りに行く手もありますが、あそこの手強さと来たら。

掌編いっこ書いたけど

 あーちくしょー分かりにくいなーフックが無いなーパワーが弱いなー魂こもってないな内にこもってるなパクリ臭いなーつうかぶっちゃけるとつまんないなー。
 今までアレな作品を真顔で提出してきた俺が公開を迷うような代物だから、相当アレな代物であることは間違いありません。そこは確信を持てます。持つな。

 一応推敲してみますが、それでも駄目だと思ったら何か代わりのものを作ってきます。

Q:俺は下手ですか?
A:下手です。
Q:……へ、下手ですか?
A:現に満足いくもの書けてないだろ。理想のラインを下げるか技術の底を上げろ。
Q:じゃあ、その具体的な方法は?
A:さあ?

正答率100%?

[作品名]花冠の虜
[作者名]伊藤白麻/ウエ紙
[作者サイト]拙速尋問
[掲載アドレス]http://blog.livedoor.jp/dameda1/archives/50318204.html
[企画内でのブロック・アドレス]Eブロック/http://nekotrap.fc2web.com/whoiam/works/kakannotoriko.html
[ジャンル]ライトSF
[作品あらすじ]なぜか滅亡寸前の世界で生きている兄妹の記録。
[その他作品情報]特になし。

続きを読む →

SD賞〆切まであと6日

 この状況では早いとは言えませんが、とにかく第2景です。
 どう見ても超展開です。
 本当にありがとうございました。
 
 もとい。
 
 ここから先は、無謀にも燃え展開を目指す覚悟です。


追記:
 思いついてサイトトップに、最新話へのリンクを付けるようにしました。
 この話があと数話で終るという事はこの際置いておいて。