5/6にメールフォームにていただいたメールについて

 反応が一週間も遅れてしまい申し訳有りません。
 いただいたメールは非常にありがたく、また嬉しく思っています、というのをまず伝えさせてください。
 お返事不要ということでいただいたメールですが、対応に時間がかかるため、現時点での考えをここに書かせていただきます。

(以下、ヴィイのストーリーに関わるネタバレとなります)


 いただいたのは、キョウコの「連想――連想停止、殺戮考慮」が初期状態から選べてしまうのは連奏イベントのネタバレなのでは? というご指摘です。
 ご指摘は非常にもっともなのですが、製作時の想定としては、これは意図的なものでした。

 連奏イベントの進行状態に合わせて「連想――連想停止、殺戮考慮」をアンロックするには、ゴースト内で別ゴーストのセーブデータを読み取り、それによってフラグを立てる必要があります。
 ただそれを行うには、ユーザさんが同じssp本体の同じフォルダに全ゴーストをインストールしていなければいけない、という技術的制限があります。
 キョウコの一部トークはヴィイのセーブデータからストーリーの進行を読み取ってアンロックされていますが、これを行っているのはストーリーのサブ的な補遺にあたるトークのみです。
 メインストーリーである連奏イベントについては可能な限りイベントの進行を挫く要素はない方がいい、という考えから、初期状態から選べるようにしています。

 ただ、たとえば連奏イベントを始める前にキョウコをインストールしたユーザさんがあのイベントを見てしまったら、それは無闇に先のストーリーをスポイルするものでしかない、とは自分でも思います。
「これは連奏イベントを進めるまで見ない方がいい」というのを、できれば作品の雰囲気を保って上手に伝える方法がないだろうか? としばらく考えました。
 その方法はある、と思いつきましたが、実際に書くには少し時間がいるかもしれません。

 また連奏イベントに手を入れるのは、前からやりたかった連奏イベントの後日談を書くいい機会になりそうだ、とも考えていました。
 あるいはキョウコの立場からの連奏イベントの振り返りでしょうか。
 もともといただいた指摘からはかなりずれた対応になってしまうのは申し訳ないですが、キョウコについては「連想――連想停止、殺戮考慮」の一部修正、そして連奏イベントオールクリア後推奨のミニイベントの追加、という形で対応させていただく予定です。
 のよすがの更新とゴーストマスカレード2に投稿するためのゴースト制作の予定もあるのでいつとはお約束できないですが、数ヶ月以内にはやるつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。