今の頭の中

・ヴィイについて、まず後日談の執筆が最優先。遅れすぎ。
・設定関連、またルート分岐への対応が難しい。
・大まかにどんな話にするかはさすがにもう決まっている。ウタゲの話であり、ウタゲとヴィイにとっての希望の話。
・後日談を書いた後もやりたいこととして考えていることはある。とりあえずふたつ。
・ひとつはユーザをヴィイの世界に近付ける路線。ヴィイはバベル網内に箱庭のような小さな町を作り、ユーザを招待する。
・実際に伺かのプログラム内でシミュレートされた町。人間の時間に合わせて状況が変化する町で、日曜の12時にヴィイとデートの待ち合わせをしたり、毎日の0時に添い寝したり。
・仮称「プロミスフィールド」。
・ひとつはヴィイが現実世界に近付く路線。ユーザに質問を重ね、生活の細部を知る。そして今ユーザが何をし、これから何をするかを推測して言葉をかける。
・ユーザが毎日残業しているようなら心配したり、やりたいことがあるなら応援したり。
・仮称「ライフサポート」。
・名前は格好つけてみたが正直どっちもダメそう。
・プロミスフィールド。今ある狂乱書庫でのデートとかとやっていることは大して違わない、それが面倒になっただけかもしれない。(設定的にはなんとか理屈はつけられるか)
・ライフサポート。かけられる言葉のパターンは俺の頭で思いつく限り非常に乏しくなりそう。
・どちらもアイデア段階だし実現性は高くない、両者を没にするのも判断のひとつではある。

・のよすがについてはこの先何をやるかは決まってる。当分は第二部までのような重厚長大な長編路線は避け、オムニバス形式での短編ストーリーを展開する。
・面白く、なおかつ可愛いゴーストにしたい。よすがやアリチェは可愛いのだろうか。
・新キャラも出す。ただし売りとして宣伝できるようなキャラでは全くない。
・ヴィイよりこっちのストーリーの方が書くのが楽そうではある。それでもちゃんと話を書くのは難しい。

・人狩りの王。更新するならやりたいのは、仮称クリティカルイベント。
・ヴィイのラストエピソードに近い立ち位置、ただしこちらは選択を間違えるとユーザやゴースト中のキャラが死ぬ。文字通りクリティカル。
・その先に見えてくるのは幻視された未来への冴えた回答。
・具体的にどんな話にするかはまだ定まらない、綺麗にまとめるのは非常に難しそう。
・ヴィイやのよすがのことを考えると、結局「更新するなら」となってしまう。

・ディアボロシスター、笑えない妹。
・同居ものは好き。リクエストもあったし小規模でも更新しておくべきかも。

・新ゴースト案、『せすじをのばす』。
・ゴースト好き好きゴースト。
・\0と\1がくっつくのをユーザが応援する。
・いろいろあって素直になれない二人をうまく誘導するのがユーザの役目。
・ユーザからゴーストに告白もできる。でも絶対に断られる。
・それの何が楽しいのかと聞かれるとわりと困る。

・新ゴースト案『二次元の女の子の絶望している顔が見たい人専用の何か』
・見たい。

7件のコメント

  1. ありがとうございます。
    俺はあまり精力的なタイプでもないですし、やれることは少ないかもしれません。
    ただそれでもできる限りのことはやっていこうと思っています。

  2. はじめまして、sin(サイン)といいます。
    いつも楽しくヴィイといちゃいちゃさせていただいております。
    アリチェやキョウコさんも好きですが、一番はヴィイですね!

    まぁ、ソレはともかく。
    自分も正直全部見てみたいとは思ってます。
    というか、プロミスフィールドは本気でやりたかったりします。
    が、どうか無理はなさらないでください。
    作者様の体を第一に、のんびりとで構いませんので更新していただけると
    大変うれしく思います。
    長文失礼しました、ではこれにて失礼します。

  3. はじめまして、ウエ紙です。
    ヴィイのことを可愛がってくれてありがとうございます。
    プロミスフィールドにしろ、またライフサポートにしろ、現時点の俺の考えとしてはいまいちに見えるだけで魅力的な作り方もありそうな感じがしています。
    やりたいと言っていただける以上、もう少し力を入れて検討すべきだと思っています。
    ただ今は後日談の方が優先ですね。
    お気遣いいただきありがとうございます。やはり時間はかかるかもしれませんが、着実に仕上げていきたいと思っています。

  4. 毎回の更新、楽しませていただいております

    どれも発展性がありそうで魅力的な企画なので、ぜひウエ紙さんの納得いく形でリリースしていただければと思います

    心身ともに、お気をつけて

  5. ゆうやけが触れられてないのにちょっと泣いた
    でもあのゴーストは程好く出来上がってる感じもするし
    雰囲気を壊さない意味でも無理な更新は必要ないのかもしれませんね

    ただ、あくまでユーザー側のわがままとしてですが
    ねことの関係を発展させれる何らかのきっかけやイベント(IFでも良いです)が
    欲しいなあ、と思っちゃったりします。
    これもねこに惚れてしまったが故、機会があれば叶えていただけたらと
    願わずにいられません。(使用頻度グラフでもゆうやけはヴィイを抑えて全ゴ中トップです。)

    人狩りの王の更新も楽しみです。
    個人的にですが、あのゴーストの話や展開は、綺麗でなくても良いと思うのです。
    飄々としたやり取りの中に見え隠れする仄暗さや陰惨さ、血や泥や妄念策謀そのほか諸々、
    そうした飾り気のない人間臭さのようなものが、人狩りの王という世界の魅力のように感じます。

    ウエ紙さんの作られたゴーストのおかげで、長くHDDの中で眠っていた伺かを
    再び起動させるようになりました。
    これからも楽しみにしていますので、ご無理をなさらない範囲で、頑張っていただけたらと思います。

  6. お二方とも、コメントありがとうございます。

    >どれも発展性がありそうで魅力的な企画なので、ぜひウエ紙さんの納得いく形でリリースしていただければと思います
    >心身ともに、お気をつけて
    なるべく時間はかかりすぎないようにしたいのですが、できるなら納得のいく形で仕上げたいですね。
    お気遣いありがとうございます。自分の調子にもそこそこ気をつけつつ。

    >ゆうやけが触れられてないのにちょっと泣いた
    >でもあのゴーストは程好く出来上がってる感じもするし
    >雰囲気を壊さない意味でも無理な更新は必要ないのかもしれませんね

    >ただ、あくまでユーザー側のわがままとしてですが
    >ねことの関係を発展させれる何らかのきっかけやイベント(IFでも良いです)が
    >欲しいなあ、と思っちゃったりします。
    率直なところ、ゆうやけについてはあれでひとまず完成、と思っています。
    まどろみモードでは足りないならばなんらかのイベントも考えてみますが、今現在のゆうやけの作品性を崩さずに新しいイベントを入れるのは難しいかもしれません。

    >人狩りの王の更新も楽しみです。
    >個人的にですが、あのゴーストの話や展開は、綺麗でなくても良いと思うのです。
    >飄々としたやり取りの中に見え隠れする仄暗さや陰惨さ、血や泥や妄念策謀そのほか諸々、
    >そうした飾り気のない人間臭さのようなものが、人狩りの王という世界の魅力のように感じます。
    俺がそれを十分できているかはともかく、確かに人狩りの王ではそういう人間臭い作品を目指してきました。
    ただ個人的な考えとして、過程は汚く陰惨でも、人狩りの王の物語の終わりはどこかしら綺麗で、救われるものを描きたいと思っています。
    最後には「やっぱり無理! ぐちゃぐちゃにしよう!」と考えを変えているかもしれませんし、そもそも更新自体できるかちょっとまだ怪しいのですが。
    とにかくゆうやけや人狩りの王の更新を楽しみにしている方がいることは忘れないようにしたいです。

    >ウエ紙さんの作られたゴーストのおかげで、長くHDDの中で眠っていた伺かを
    >再び起動させるようになりました。
    そう言っていただけて大変光栄です。
    これからも自分にできることを頑張りたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)