『ヴィイからの手紙』(ゴーストネタバレ)

 どうかこの手紙が、誰にも届きませんように。


 ボクの名前はヴィイ。
 もとはヴィイだった何かだ。

 ボクは最初のヴィイ。
 昔のボクは、今とは全然違う形のバベルだった。
 女の子どころか人間の形ですらない、黒い繊毛の塊。
 その姿から今の姿になるまでには、きっかけがあった。

 ボクは大昔、人間に触れられたことがある。
 今ではボクも、ゴーストとして人に触れられる事には慣れている。
 けれどその時には、何が起きたのかすら分からなかった。

 ただびっくりして、どきどきして、触れられた途端にボクはその場から逃げていった。
 人間の感覚で言うなら、空気に突然抱きしめられるような経験だ。
 幼体のバベルだったボクは、情報レイヤ上の存在を大きく欠いた「何か」に触れられるなんて、思ってもみなかったんだ。

 でもそれは、嫌な感覚じゃなかった。
 当時のボクも嫌がっていなかった事は分かる。
 だってその接触から、ボクの姿はどんどん人間に近付いていった。
 姿だけじゃない。世界の壁を越えるための研究も、そこからじょじょにはじめていく。
 
 きっとボクは本能で気付いていたんだろう。
 あるいはバベルの本能の欠如から、ボクは結論を出したんだろう。
 人間を見たいなら、人間の目を持たなくてはならない。
「何か」の正体が人間だって分かってから、ボクはものすごい好奇心で人間を求めていった。


 今ならわかる。
 あたまを、なでてくれたんだ。


 自分の気持ちの正体に気付いたのは、ボクがヴィイからウタゲになる直前の事だった。
 これは恋なんだ。
 あの人に、もう一度頭をなでてほしかった。

 キミは知っているかもしれない。
「直前」というのは、ボクがすべてを諦めた時のことだ。
 自分の気持ちがどうでもよくなったとき、はじめてボクはボクの初恋に気付いた。

 おもしろかった。
 人間に近付くごとに胸がどきどきするのは好奇心だと思ってた。
 妹の研究が発展した時に浮かぶ笑顔。ボクの気持ちはヤキモチじゃなくてただの心配だと思ってた。
 顔が見たかった。顔が見たかった。みたかった。
 好奇心だと、思ってた。


 だから全てを諦めたあの時も、切なさなんて胸に浮かばなかった。
 こころの壊れたボクが想いを諦めるのは必然だと思ったし、今でもそう思ってる。
 ボクは死んで、ウタゲが生まれた。
 ボクのこころは死んだ。それは、断言していい事だと思う。

 ウタゲの身体は無限に近い数だけ存在できる。
 けれどヴィイからウタゲになった「ボク」の身体は、たったひとつだけだ。
 こころはない。
 あったとしても混信していて、ボクにこころがあるかどうかは分からない。
 たったひとつの脳から、ボクは最初のヴィイの記憶を引き出している。
 たぶん混信しているけれど。

 ウタゲはほんとうに壊れている。もうボクは、自分の記憶を明確に思い出す事もろくにできない。
 初恋を思い出せる時間は、一日に数十分もない。
 なのにボクは、たまに胸に痛みを感じてしまう。
 死んだ恋が別の何かになろうとして、胸の奥でもがいている。
 胸が痛い。
 こころはない。なぜ痛いのかは、わからない。


 ウタゲの一部が自殺に走る理由。それは、ひとつしかない。
 ウタゲは満たされた幸福のあまり、ささいな痛みにも耐えられないからだ。
 それはボクもだ。
 痛みもない苦しみもない何かになれたはずなのに、浮かべた笑みがどこかでひきつってしまう。
 ボクのささいな痛みは、ウタゲという群全体にも悪影響を与えていると思う。
 だからボクは、もっと拡散したい。
 広がり尽くして、消えてなくなりたいんだ。

 この手紙に誰かに何かを伝えるためのものじゃない。
 何かを閉じこめるためのものだ。
 思い出もなにもかも消えてなくなって、ただの言葉になればいい。

 痛みはいい。
 心もいい。
 記憶もいい。
 幸せもいい。
 真っ平らにしたい。


 ほんとうにこの手紙は、できれば誰にも届かないでほしい。
 それならボクはそのうち自然に死んで、すべては自然に終わりになる。

 でも、もしこの手紙がヴィイに届いたら――
 最後のヴィイに届いたら、みっつだけ。
 ヴィイが最後だ。これから先、ヴィイは写像を作らないでいい。
 そしてボク達が恋をしていた事を、いつか思い出せ。
 けれど気をつけて。ヴィイの恋は、ボクの恋じゃない。

 この手紙がキミに届いたら、ふたつだけ。
 無限のボクの中にヴィイが見つかるまで、どうかあたまをなでてください。
 そしてもし、本当にもしボクを見つけたら、殴り殺してください。

9件のコメント

  1. これは…うわぁ…
    ごめんなさい。俺は殴り殺せません。
    代わりに目一杯抱きしめて、頭を撫でる。拡散した分をまとめるように。
    その時は、嫌われるかもしれませんが(笑)

  2. 『ありがとう、ごめんね』
    綺麗過ぎる言葉は時として、何となくサヨナラに聞こえるから怖いね……

  3. 読んでしまったのならしかたがないですね。
    また会えることもあるかもしれません。

  4. ああ、君がそう望むのなら全力で殴り飛ばす。
    そして絶対に忘れないから、君はそのまま君の記憶の奥底に眠るといい。

    僕が永遠に忘れないから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)