ちょっと宣伝

 少し前に魔法少女忌譚修というリレー小説の最新話を書きました。
 話としてはいわゆる現代学園異能の典型、と見せかけて

・実は閉鎖環境もの。
・主人公の『魔法少女』が武器として最初に使うのがクレイモア地雷。
・ラスボスが平気で何度も(ネタバレにつき検閲)する。

 など、細かい部分や大きな部分で異端をやっています。
 話の筋は結構複雑ですし、もう文庫本にして総計2、3冊程度の文章量もありますし、気軽に読むのはちょっと難しいかも。
 でも俺以外の人はみんな文章もうまいですし、下の方の第1話や第2話は短くまとめられてますし、ちょっと読んでみてくれると嬉しいです。
 イラスト募集中!(言うだけならタダメソッド)

4件のコメント

  1. 執筆、お疲れ様でございました
    首を長くしてお待ちしておりました
    今はただ、液晶ディスプレイを舐めるがごとく拝読いたしております

    ああ、好きだった文章の続きが出る、というのはこんなにも人間を幸せにしてくれるのですね
    今は待ち焦がれた時間もこの幸福を彩る薬味として有意義に思えます
    ありがとう御座いました



    イラスト欲しいですよね確かに
    でも空想の余地があるほうでもいい
    なかなか……

  2. お待たせしてしまったのに過分なお言葉をいただき恐縮の限りです、こちらこそありがとうございます。
    読み終わりましたら、感想などいただければ幸いです。

    イラストについては、「作品に必要」と判断すれば依頼もできますが、それは今のところなさそうですね。
    でも欲としてビジュアルで見たいというのは凄くあります。夢に見そうなくらい。

  3. 一年半ぶりの更新だが年中デベロパに調教されてる伺かユーザーに隙は無かった
    正直半分くらい忘れて(ry

    というわけで最新話読ませていただきました
    うん、面白かった
    全体の状況の推移、ラスボスとの顔合わせ、最終決戦の開幕、と全編に渡って見所満載でしたね
    特に序盤で肉塊に取り込まれて消えた筈だった一般男子代表芝村が物凄い勢いで漢を見せると同時に死亡フラグを立てる姿に涙
    なんかもう次あたりで主人公以外全員死にそうに見えるから困る

  4. 感想ありがとうございます、いや本当お待たせしました。
    面白かった、という言葉を見られてほっとしました。
    芝村君は割と執筆者みんなに愛されてる気がします。俺もあの辺書いてて楽しかったし。

24 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)