書くしかねべば。

 ば。

 約束を守るためにものを書くってのは、なかなかに分の悪い勝負だ。駄目な奴が引き受けると地金を晒す。
 しかし結局、俺は何を書き始めても、最後は約束を守るために書くことになってる気がする。
 
 それと病気。
 自分にとって面白いものを書こうと努力してもいいですか?
 主人公の成長と天使の老衰を対比させた上で描写しても構いませんか?
 もしかしたら本当に面白いものが出来るかもしれないと自信を持つ権利はありますか?
 
 そしてべば。
 書いたりする。しない。いや書く。
 あなたが待っているならなお書く。

2件のコメント

  1. もしこれがあのお話の事なら、ウエ紙さんの思うとおりにして欲しいです。
    私は、私を含む読者の為ではなく、ウエ紙さんの為に書かれた物が読みたい。

  2. そのお話のことです。この記事も読み返してみたらまるで意味不明でああもう。
    そして今回は、自分のための物語とは何かをしばらく追求することになりそうです。
    公開までお付き合い願えれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)