義は敵に有り。

・赤い髪の紙片。
・バッドエンド、ノーマルエンド確認。○○○○ス撃破、これ以上強い敵はいない?
・コレ系のソレにおけるひとつの到達点にして回答。公開直後にしてすでに。
・アレ撃破→ラストダンジョン突入の辺りが一番楽しかった。
・敵の絵が無くとも案外イメージが沸くんだな。参考になる。
・次点、バッドエンド。義無き我々に残されたものは何であるか。
・でもまだ過去形で語るには早いか。
・技は威力より回数重視、かつ白兵が強い? 何にしろ成長させる能力はひとつに絞った方がよさそう。
・なお、魔石の増強能力と成長能力が同じとは限らない。
・そして終盤で手に入るアレさえあれば他の技は全部いらない、かというと微妙。
・そう考えると凄いバランスだな。ある一点を越えてからのインフレぶりはアンディーメンテを早送りしているかのよう。
・多分メニュー表示のもたつきは仕様。大量の選択肢が原因?
・だが数少ない絵とゲームイメージの融合ぶりは見事。
・てかこれ宣伝とかしていいのかな。微妙だと思うから言い方をぼかしてるんだが。
・ともかくこのつたない文章にて作者への敬意を表明する次第。

(「続きを読む」以降で多少のネタバレ)


追記:
 6時20分にグッドエンドに到達。
 指一本で10万ダメージを叩き出す怪獣と化した俺の騎兵にはもう誰も勝てなかった。南無。
 分岐条件はよくわからない、二週目以降限定か?
 しかしこれ、普通のゲームならバッドもノーマルもグッドも全部バッドエンドとされてるところじゃないか。
 このストーリーからすれば妥当な展開だが。あと最後の選択肢を(意図的に)間違えた時には、セーブデータも消されるんじゃないかとちょっと焦った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)