エミリ→ヴィイ:こんな感じ?

(コメント欄に書くには長すぎるので、ざっと思いついたものを)
エミリ「ヴィイちゃん……」
テディ「?」
エミリ「ボクとヴィイちゃんって、どこがどう違うのかな?」
エミリオ「ね、ねえちゃん……?」
エミリ「それは身体の違いかな? それとも住んでるところや友達の違い?
きっと普段食べてるものだって違うよね? でもね、心さえ通じ合ってるなら、きっと……」
テディ「エ、エミリ、エミリがおかしくなった!」
エミリオ「ねえちゃん、どこかぶつけた!? それとも毒電波に頭を乗っ取られたの!?」
エミリ「そうじゃない! ちゃんと!!
……ヴィイちゃんも、おいもさんを食べられるのかなーって」
テディ「……他に考えることはないの?」

(またはこんな感じで?)
エミリ「あの人、おっきいよねー。
背が高いし、胸も……」
エミリオ「……何言ってんだよ。あの子、姉貴よりも小さいじゃん」
エミリ「えー? セーラー服がぱつんぱつんだったのに……」
エミリオ「いや、あの子は白いワンピースを着てたけど?」
エミリ「……?」
エミリオ「……?」
テディ「……大きい方が着ぐるみだったりして」
エミリ「ええっ!」
テディ「一人きりのときに背中がこう、ガバっと開いて小さいのが……」
エミリ「にゃああああああ!?」

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。