ごめんなさいいや本当にあと少しでうぎぎ

(本文の一部を掲載していましたが、残虐な表現が含まれていたため『続きを読む』内に移動しました)


『そのうちに彼の動きが変わった。いつまで経っても死なない獲物を、変種の肉を積んだ二輪車だとでも思ったのか、〈触彩〉と皮膚の隙間に潜り込んでくる。
 アリスは歩き続ける。彼の牙が腹部に食い込むのも、やがて変形した内臓を探り当てるのも、予想内の結果だった。
 驚いたのはたかが頭蓋が軽く歪んでしまうだけの衝撃で、  という概念を忘れてしまった自分の方だ。
 人間ならば は避けなければいけないはずなのに、今現在腹腔を巡る生暖かい息の、何が良くないのか分からない』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)