『娯楽理論』第2回:快感の分類

【注記】
 この回は未完成であり、後に追記や修正の可能性があります。

【主張・快感の分類】
 この理論のために達成興奮好奇結合という分類上の用語を作る。
 娯楽の中での快感は、この4つの用語に分類可能である。

【用語の説明】
達成:対象が娯楽に対して抱いた期待を満たされること。
興奮:対象の本能、あるいはそれに近いものに訴えること。
好奇:対象にとって珍しいもの、今までにないものを提示すること。
結合:対象の中で娯楽中のあるものと他のものが関連付けられること。

【達成の例示】
・物語上での伏線の提示と伏線の回収。
・広告宣伝と宣伝通りの実態。
・対象の信念・心情・思想・萌えなどに対応した内容。

【興奮の例示】
 訴えるべき本能・感情の分だけ例示は存在する。
 凡例は性欲・食欲・恐怖・生理的嫌悪感・恋愛感情・笑い・反射的な驚きなど。

【好奇の例示】
・斬新な広告宣伝。
・物語上での予想外の展開。

【結合の例示】
・ゲーム上で画面の動きと音楽の展開を合わせる。(視覚と聴覚の関連付け)
・伏線の提示と伏線の回収。(達成と共に物語上の2点の関連付けでもある)
・物語上で作品外の意図的なパロディを行う。(作品と作品外の関連付け)
・物語上で対象の人生経験と一致する描写。(空想と内心の関連付け)

【発展】
・しかるべき技術があり対象が理解可能な人間ならば、絶対にある程度の快感を引き出せる。
・ただしその表現を凡庸だと思われた場合は確実に快感が減ずる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)